【番外編】大型免許・二種免許取得

動体視力向上Labo. » 動体視力が必要とされるもの ~運転編~ » 【番外編】大型免許・二種免許取得

このページでは、大型免許や二種免許を取得する際に受ける「深視力検査」についてまとめてみました。

深視力検査って、どんな検査?

バス車内 画像大型免許や二種免許を取得するためには、視力検査と深視力検査の両方に合格する必要があります。

両者はまったく別物の検査ですので、たとえば通常の視力検査には合格したけど深視力検査は不合格だったので、結果として免許は取得できなかったといったことも当然起こり得ます。

そもそも深視力とは何かと言いますと、眼で見た物の遠近感や立体感を正しく把握する能力のことを言います。

大型や二種といった特殊な自動車を運転するからこそ、特に必要とされる能力だとも言えるでしょう。

ちなみに深視力検査は、深視力計という特殊な機械を用いて行われます。

深視力計の中に見える3本の棒のうち、真ん中の棒が前後に動くので、3本の棒がすべて重なったタイミングでスイッチを押す。通常、それを3回行って、3回の誤差の合計が6cm(1回につき2cm)以内であれば合格となります。

タイミングに合わせてスイッチを押すというと、何だかリズムゲームのように思えるかもしれませんが、確かに、検査(操作)に不慣れであるがゆえに不合格になってしまう人も実際にはいるようです。

しかし、深視力検査で不合格になってしまう場合にはやはり、自分自身の深視力に問題や原因があることをまずは疑ってみるべきでしょう。

深視力検査に不合格になってしまう原因としては、たとえば以下のようなものが考えられます。

  1. 裸眼または眼鏡装用時の視力が不良である。
  2. 左右の視力や矯正度数に大きな開きがある。
  3. 斜位などによって両眼の視機能が低下している。
  4. .眼の病気などによって片眼の矯正視力が極端に低い。
  5. 斜視や弱視などによって両眼の視機能が失われている。
  6. 両眼で見ているつもりでも、脳では方眼の視覚情報しか認識していない。

このうち1~3については、適切な眼鏡やコンタクトレンズを装用することによって比較的楽に改善することができます。

一方、4~6については状況的にはなかなか厳しいものがあるため、眼科で専門的に診てもらう必要があるかもしれません。

<<深視力についてもっと詳しく>>

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!