免許更新できない高齢者が続出する理由

動体視力向上Labo. » 動体視力が必要とされるもの ~運転編~ » 免許更新できない高齢者が続出する理由

このページでは、高齢者の自動車免許更新と動体視力の関係性を中心にまとめてみました。

70歳以上の免許更新には「動体視力検査」がある!?

お年寄りの画像70歳以上の高齢者が普通自動車運転免許を更新する際には、高齢者講習という特別な講習を受講する必要があります。

高齢者講習の内容は、ビデオを使って交通ルールを再確認したり、実際に自動車を運転して指導員から助言を受けたりなどさまざまなのですが、そのなかのひとつに動体視力の検査もあります。

動体視力というのは、動いている物を視覚認知する能力のことで、自動車を運転するに際しては、年齢を問わず必要な能力のひとつと言えます。

にも関わらず、70歳以上の免許更新の際だけに検査が科されるのは、動体視力というものが加齢によって大きく衰える類の能力だからです。

ここで、動体視力と年齢に関する、とある研究結果をご紹介しましょう。

その研究結果によると、16~40歳くらいまでは0.8前後ある動体視力が、40代から徐々に低下。60代では0.4、70代では0.1にまで落ち込むとされています。

この結果だけを見ると、70歳以上と言わず、60歳以上の免許更新から動体視力検査を取り入れた方が良いのではないかと思えるほどです。

ちなみに、年齢とともに低下するのは動体視力だけではありません。加齢に伴って、視野も大きく狭まると言われています。

これは、自動車メーカーのホンダのホームページでも紹介されているデータなのですが、成人の両眼の水平視野は180度であるのに対して、高齢者の両眼の水平視野はその半分程度の100度くらいらしいです。

動体視力・視野ともに低下する高齢者は、できる限り運転を控えるというのも選択肢のひとつではありますが、さまざまな事情によりそうもいかないケースも当然あると思います。

そうした人たちにとってもうひとつの選択肢となり得るのが、動体視力を鍛えるという選択肢です。そう、動体視力というのは鍛えて向上させることができるものなのです。

一般的な近視や遠視と違って、動体視力の低下というのはあくまでも筋力の衰えに過ぎませんので、その衰えた筋肉を鍛えることによって動体視力は向上します。

その方法はいろいろありますが、もっともお手軽なものとしては、動体視力トレーニング専用の眼鏡を活用するという方法が挙げられるでしょう。

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!