動体視力と運転の関係性

このページでは、自動車の運転と動体視力との関係性についてまとめてみました。

運転には静止視力だけでなく、動体視力も必要!

車 画像自動車の運転に関係する視力と言えば、まずは「静止視力」が思い浮かぶかと思います。

静止視力は、ランドルト環(C)と呼ばれる記号の、わっかの開いている向きを答えることによって視力の程度を測定します。

自動車運転(普通免許)に必要な視力は両眼で0.7、かつ片眼で0.3以上と決められており、裸眼でそれに満たない場合には眼鏡やコンタクトレンズで矯正する必要があります。

この静止視力が基準を満たしているというのは言ってみれば、自動車を運転するうえでの最低条件。

単に運転ができるというだけでなく、安全に運転を行うためには、もうひとつの視力である動体視力も必要になってきます。

運転中というのは自分自身が動いているため、結果的に動いている(ように見える)物を常に見ることになります。

私たちはさまざまな情報を認識し、それを脳で判断しながらハンドルを操作したり、アクセルやブレーキを踏んだりしているわけですが、認識している情報量の実に90%以上は、目から入ってきていると言われています。

つまり、それだけ自動車の運転というのは目(動体視力)に依存しているということです。

動体視力は、動いているものを見極める能力のことですが、単に目だけの問題(見える・見えないの問題)にとどまりません。

眼球運動・視野・認知・判断・反射神経といった具合に、脳の働きが大きく関係する能力であることも知っておくべきでしょう。

また、運転している自動車の速度が速くなればなるほど、周囲の物が見えにくくなりますが、これも動体視力が関係しています。

たとえば時速40kmで走った場合と、時速130kmで走った場合を比べると、視野が100度から30度にまで狭まり、そのぶん周囲の物を認識しにくくなる。すなわち、事故が起こる確率が増大します。

動体視力が高いに越したことはありませんが、それとともに、スピードを落とした安全運転を心がける必要があると言えるでしょう。

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!