深視力とは

このページでは、遠近感や立体感を把握する能力である「深視力」についてまとめてみました。

大型免許取得の際に必要な「深視力」とは何か?

このサイトのメインテーマである動体視力という言葉は知っていても、深視力という言葉まで知っているという人は、ある特定の人たちを除いて少ないと思います。

ちなみにここで言うある特定の人たちというのは、大型免許や二種免許の取得者たちのこと。

実は大型免許や二種免許を取得するためには、通常の視力検査に加えて深視力検査もパスする必要があります。

深視力というのは、一言で言えば、眼で見た物の遠近感や立体感を正しく把握する能力のこと。

視力という言葉こそ付いていますが、単に物がよく見える・見えないといった、私たちが通常言うところの視力とはまったくの別物です。

深視力というのは実は、人間に眼が二つ付いていることと大きく関係しています。

どういうことかと言いますと、私たちは左右それぞれの眼で物を見ているにも関わらず、それをひとつの絵として認識しています。がしかし、実際には左眼で見ている絵と右目で見ている絵の間には微妙なズレがあり、そうしたズレを修正・処理して、正しい遠近感や立体感を得ている。その能力こそが深視力というわけなんです。

検査があるくらいですから、深視力には個人差があるわけですが、一般的な視力と違って、トレーニングによって鍛えることができる点は深視力の大きな特徴のひとつと言えます。

深視力を鍛えるトレーニングには大きく分けて2種類あります。

ひとつ目は融像性内寄せ練習です。何だか難しそうな名前ですが、その方法は至って簡単。腕を伸ばして眼の高さに人差し指を置き、鼻方向に徐々に近づけつつ、その指を注視し続けることを数分間繰り返します。

ふたつ目は眼球運動。こちらは、腕を伸ばして眼の高さに置いた人差し指を、今度は鼻方向に限定することなく360度自由に動かし、それを注視し続けます。

これらのトレーニングによって眼の筋力が鍛えられることになるため、深視力はもちろんのこと、通常の視力向上も期待できると言われています。

<<大型免許や二種免許取得に必要な深視力検査とは>>

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!