テニス編

このページでは、動体視力トレーニングメガネ「ビジョナップ」を使用してテニスをしてみたときの使用感を体験レポートとしてまとめてみました。

テニスコーチの私が自信を持って薦める動体視力トレーニングメガネ

私は都内のインドアコートで、テニススクールのコーチをしています。

錦織選手の活躍やテニスマンガの影響もあって、昨今はテニスの人気は非常に高く、そのおかげで生徒の数も日々増えている状態です。

私のコーチ歴は5年ほど。テニス自体は学生時代からずっとしていましたので腕には自信がありましたが、生徒への指導ということに関して言えば、もっと上手に教えることができればと思うことも…。

そんなある日、ひとりの生徒がスポーツサングラスのようなものを着けて練習場にやってきました。練習の際には外すものと思っていたのですが、驚いたことに、サングラスを着けたまま練習を始めたのです。

「そんなものを着けていたらボールが見えにくいんじゃない?」と尋ねたところ、その生徒は「そうです。見えにくいのがいいんです」と言いました。

言っている意味がよくわからなかったので詳しく聞いてみると、そのサングラスは実は、動体視力を鍛えるための専用のメガネなのだとか。

テニス       テニス       テニス       テニス       テニス

テニス ビジョナップ(旧プライマリー) 着用画像メガネを着用するだけで、本当に動体視力が鍛えられるのか?」と疑問に思った私は、そのスポーツサングラス(ビジョナップというらしい)を借りて、早速試打してみることにしました。

サングラスと言っても単なるサングラスと違って、どうやら設定がいろいろあるらしいのですが、着用してまず感じたのは、映画のストロボのように視界がチカチカするので、とにかくボールの動きが見づらいということ。

ラリーの相手が打ったボールが、あっという間に手元まで飛んでくる感覚で、あまりの速さに、テニス歴の長い私でもきちんとしたフォームが保てないほどでした。

しかし、そう感じたのは最初だけで、しばらくラリーを続けているうちに慣れてきて、次第に打ち返せるようになりました。

その後、生徒の言うとおりサングラスを外して、同じようにラリーをしてみると、何と驚きの体験をすることに!!

さきほどとまったく同じ距離と打点、スピードで打ち込んでもらっているのに、ボールがスローモーションのようにゆっくり見えたのです。

その生徒曰く、「このサングラスを使って動体視力をもっと鍛えると、スローモーションどころか、ボールの網目まで読めるようになりますよ」とのこと。

その後、私もビジョナップを購入したのは言うまでもありません(笑)

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!