動体視力が必要とされるもの ~スポーツ編~

動体視力向上Labo. » 動体視力が必要とされるもの ~スポーツ編~

ここでは、スポーツ競技に必要な動体視力とはどのようなものか、またその重要性について解説しています。

動体視力が必要なスポーツとは

よくスポーツには動体視力が重要と言われます。しかし、すべてのスポーツで動体視力が必要なわけではありません。

例えば、マラソンや水泳といった競技では動体視力は重要視されません。

その一方で、野球やサッカー、テニスなどに代表される球技やボクシングといった格闘技など、動体視力の良し悪しが勝負を決定づけるスポーツも多々あります。

それらはなぜ動体視力が必要かといえば、すべて動くボールや対戦相手を見る力がカギとなるからです。

動体視力とはまさに動くものを見る視力のことで、一般的に目を検査するときに用いられる視力(静止視力)とは性質の異なるものです。

見るものが異なる2つの動体視力

動体視力には、上下左右に動くものを見るDVA動体視力と遠くから近づいてくるものを見るKVA動体視力の2種類があります。スポーツの種類によって、この2つの必要度合いは違います。

例えば野球はDVA動体視力とKVA動体視力両方が必要になりますし、ボクシングの場合はKVA動体視力の必要性のほうが高いと言えます。

スポーツをするには、スポーツビジョンと言って周辺視や深視力、瞬間視など様々な視覚機能が必要になりますが、その中でも動体視力の重要度はかなり高くなっています。動体視力は体の動きに影響する判断力に直接結びつくからです。

大切なポイントとして、動体視力はトレーニングによって向上させることが可能ということがあります。静止視力を回復させるのはなかなか難しいですが、動体視力はしっかりトレーニングを積むことで鍛えることができるのです。

ここでは特に動体視力が必要と思われるスポーツを集めて、各スポーツと動体視力の関係やおすすめのトレーニング方法などについて詳しく紹介しています。

動体視力をトレーニングして自分のやっているスポーツをもっと上達させたいと考えている方は、是非参考にしていただければ幸いです。

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!