モータースポーツ・カート

ここでは、モータースポーツ・カートと動体視力の関係や、トレーニングによる上達法などについて解説しています。

高速の世界で一瞬の判断が勝敗を分かつモータースポーツ・カート

レーシングカート 画像一瞬の判断が勝敗を決めるモータースポーツの1つ「レーシングカート」にとって、動体視力はかなり重要になります。レーシングカートは時速180km以上の世界で相手のカートの動きを一瞬で判断し、追い抜きやコーナー進入をしなければなりません。少しでも判断を誤るとクラッシュの原因になるため、動体視力は勝敗以外に生死のカギをも握る重要な「スキル」なのです。

高速の世界で相手よりどれだけ早くカートの動きやコーナーに焦点を合わせ、距離感や速度を判断できるかが勝負の決め手になるレーシングカート。そのため、近づいてくるものや遠ざかるものの動きを見極める動体視力の1つ「KVA動体視力」が必要不可欠になります。KVA動体視力は目をほとんど動かさずに、眼球の水晶体をすばやく変化させて焦点を合わせるのが特徴です。KVA動体視力を鍛えることで、近づくコーナーにすばやく焦点を合わせてブレーキやハンドル操作が可能になります。レースを有利な展開に持って行くことができるため、プロの選手は皆身につけているスキルです。

動体視力は持って生まれた才能のように思われがちですが、後天的に鍛えて身につけることができます。そのため、たとえ今優れた動体視力がなかったとしても、勝利を諦める必要はありません。日々のトレーニングの積み重ねで動体視力を鍛え、大歓声の中で華々しいゴールを飾りましょう。

効率的に動体視力をアップさせるトレーニング方法のススメ

動体視力は加齢による眼球まわりの筋肉の減少と共に衰えるため、発育期間である8歳~20歳の間に鍛えておきたいもの。将来レーシングカートの選手になりたい・子どもを選手にしたい親御さんは、今すぐにでもトレーニングをはじめることが大切です。しかし、20歳を過ぎたらもう動体視力を鍛えられないのかというと、そうではありません。子どもから大人まで、今日からはじめられるトレーニング法をご紹介します。

いちばん簡単な方法は、遠くと近くを交互に見つめることです。例えばスマホやパソコンを見ているときに、時々は画面から目を離して遠くの景色を眺めてみましょう。凝り固まった目の筋肉をほぐし、ピント調整力をアップさせる効果があります。即効性はないため、焦らずに日常のトレーニング法として取り入れるのがポイントです。

もっと効率的に効果を得たい人は、ビジョナップを代表とする動体視力を鍛えるトレーニングメガネをおすすめします。点滅システムによるトレーニングを週に3回・1日15分行うことで、動くものを目で追う習慣づけが可能。結果的に高速世界の中でも物体の動きを見極められるようになり、レーシングカートのスキルアップが期待できます。

動体視力向上のカギは「才能」ではなく「筋力」がにぎっているため、いかに目の筋肉を鍛えておくかが重要です。肉体的な筋トレ同様にやりすぎはNGのため、適度に目を休ませながら行うようにしましょう。

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!