身体能力を上げたいスポーツマンがすべきこと

動体視力向上Labo. » 身体能力を上げたいスポーツマンがすべきこと

 本番で最高のパフォーマンスを発揮するためには?スポーツマンが知っておきたい、身体能力を上げる方法を解説。身体能力を構成する要因をはじめ、「運動神経を鍛える」「タイムを最速化する」など、テーマ別に解説しています。

スポーツマンの身体能力を決定する要因とは?

スポーツ選手のパフォーマンスに大きく影響する要因として、大きく体力・技術・メンタルの3つがあります。ここでは、各要因について詳しく解説しています。

体力

体力とは筋力や持久力、敏しょう性などの人間が発揮する能力。スポーツする上で基礎となる部分なので、初心者はこの体力アップのトレーニングから始めるのが重要です。球技で言うと、持久力があれば常にコートの中を全力で動き続けることができ、筋力があれば相手との接触で負けなくなり、自分の思う通りのプレイができます。基礎体力が身に付いていないと、どんな技術や戦術も役に立ちません。

技術

最高のパフォーマンスを発揮するには、体力をつけるだけでは足らず、そのスポーツで求められる技術を身につけなければいけません。例えば、サッカーの場合は足でボールを扱う技術が求められます。

いくらフィジカルが強くて足が速い選手でも、ボールをまともに蹴られなければ、サッカー選手として最高のパフォーマンスを発揮できないのです。野球であればバットやグラブさばき、テニスであればラケットさばきなど、それぞれ異なる技術が求められます。

メンタル

実はどのスポーツにおいても、メンタルの状態がどういう状況にあるかで、パフォーマンスは変化します。メンタルを鍛えることで、緊張や興奮をコントロールでき、最高のパフォーマンスを発揮できるのです。その状態はゾーンと呼ばれており、メンタルを鍛えることがその状態に近づくことができます。

一方メンタルが弱ると、ここぞという時に実力を発揮できなくなってしまうことも。例えばイップスと呼ばれる、メンタルが原因で思い通りのプレーができなくなる症状などもあります。そうならないためにもメンタルを自分でコントロールするトレーニングが必要です。

【目的別】身体能力を上げる具体的な方法

身体能力を上げるためには、目的に合ったトレーニングを行う必要があります。ここでは、目的別に身体能力をアップさせる方法をまとめました。

運動神経を鍛える

運動神経を鍛えるには、まず自分の体の動きを理解することが大切です。この体の動きを理解して、効率化する能力をコーディネーション能力と呼びます。コーディネーション能力は7種類の能力に細分化されており、それぞれを鍛えることで運動神経の強化につながるのです。

>>運動神経を鍛える方法を詳しく見る

タイムを最速化する

トレーニングによる身体能力とは異なりますが、競泳や競輪、陸上競技では少しでも空気や水の抵抗を軽減するために、男性でもすね毛や腕を脱毛している方も少なくありません。トップアスリートになるほどムダ毛を処理しているようです。

>>タイムを最速化するための方法を詳しく見る

摂るべき栄養を知る

プロのアスリートをはじめスポーツ選手は、特にスポーツに従事していない人に比べて、摂取すべき栄養素が多くなります。なぜなら、そのスポーツに求められる身体能力を維持・向上させるために、摂取すべき栄養素が多くなるためです。

>>摂るべき栄養を知るためのスポーツ栄養学を詳しく見る

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!