タイムを最速化する

オリンピックや世界大会などに出場しているスポーツ選手は、みんな肌が綺麗な印象はないでしょうか?骨格や筋肉の付き方が美しいのはもちろんのこと、多くのアスリートが体毛が薄く肌がツルツル。アスリートの綺麗な体を見て、憧れる人も多いはずです。実はスポーツ選手の多くは、脱毛を行っています。

スポーツ選手が脱毛する大きな理由のひとつが「成績(タイム)を上げるため」です。スポーツの世界は、勝つことが最大の目的。主にタイムを競う競技の選手は、全身脱毛を行うことで、空気抵抗を抑えてタイムを上げられる可能性があるのです。

タイムを速くするためにスポーツ脱毛が行なわれる具体的な例

競泳

オリンピック金メダルを獲得したことで有名な、北島康介選手。北島選手は、大会予選までヒゲを生やしていましたが、決勝戦ではツルツルの状態で出場し話題になりました。その効果もあってか、見事金メダルを獲得しました。

競泳はコンマ1秒の差で結果が大きく変化します。競泳選手はできるだけ泳いでいるときの抵抗をなくすため、ムダ毛処理をしている選手が多いのです。

競輪

競輪選手は、主に脚の脱毛を行います。すね毛があることで、自転車のチェーンに毛が絡まってしまう可能性があるのです。競技中の命に関わる重大な事故を防ぐために、競輪選手は脱毛を行っています。

また、少しでもタイムを伸ばすべく、できるだけ空気抵抗を減らすために手足の脱毛をしている選手もいるようです。

陸上競技

競輪選手と同様に、陸上競技の選手も自己ベストタイムを出すために、脱毛をすることで空気抵抗を減らしています。また、陸上選手は競技中に転倒してしまうなど、ケガをして応急処置が必要になることもありますが、毛がないことで、その応急処置をスムーズに行うことができます。

スポーツの種類ごとに「脱毛すべき箇所」は変わる?

前述していますが、プロアスリートは少しでもタイムを縮めるために、スポーツ脱毛を行っています。
では、種目ごとに脱毛すべき箇所はちがうのでしょうか?

調べてみると、スポーツの種類ごとに、主に脱毛すべき箇所は異なってくるようです。

水泳選手がスポーツ脱毛すべき部位

水泳選手がまず脱毛するのは「ワキ」。水泳は自由形でも平泳ぎでも水の中で手足を大きく動かしますから、腕の付け根に映えている脇毛はモロに水の抵抗を受けてしまうのです。

オリンピックなどで見るスイマーたちはほとんど全身がツルツルに見えます。コンマ1秒のスピードが勝敗を決める競技ですから、恐らくは背中などの細くて薄いうぶ毛も含め、全身脱毛を行っている方も多いのでしょう。

とはいえ、近年はスイマーたちが身に着けている水着も相当な進化を遂げています。水着を着ることで、より水の抵抗を減らすことができるものが多数出回っているのです。

有名なものとしては、北京オリンピックで話題になった「レーザー・レーサー(LZR RACER)」があります。足首まで全身を覆うタイプで、1人では着られないほどフィット感が高く、それを纏った選手が多数新記録を出したことで大きな衝撃を与えました。

「レーザー・レーサー(LZR RACER)」は国際水泳連盟のルール改定によって競技での着用はNGとなりましたが、そのほかにも多くのメーカーがスピード水着の開発に取り組んでいます。

そういった水着を着る場合、「水着で隠れる箇所は脱毛しない」というケースもあります。水着で隠れる部位はさほど水の抵抗を受けないところが多いので、「まずはワキ脱毛」が効果を実感しやすいのかもしれませんね。

競輪選手がスポーツ脱毛すべき部位

競輪選手のみならず、トライアスロンなど自転車競技を行うアスリートは、「すね毛」を脱毛しています。

これはあくまでネット上で拾った情報ですが、すね毛を剃った場合と剃らなかった場合を比べると、ロードレース(自転車競技)のタイムが約7%も縮んだ、という話もあるほど。

2014年7月に「The Globe and Mail」に掲載されたVengeの発表では、以下のようなデータが出たといいます。

  • エアロスーツ:8%削減
  • すね毛処理:7%削減
  • ポジションを最適化:5%削減
  • エアロヘルメット:3%削減

通常時(一般的な装備)よりもすね毛処理をして挑んだ際の方がタイムが早くなったのはもちろんですが、抵抗を無くすために開発されたエアロスーツと僅か1%差、エアロヘルメットの倍以上もスピードアップに貢献したのです。

ランナーがスポーツ脱毛すべき部位

競輪と同じく、ランニングやマラソンを行うアスリートも「すね毛」の脱毛がお勧め。

特に長距離では、1キロあたりほんの短いタイムが短縮できるだけでも、積み重ねれば数十秒~数分のタイムを速めることにも繋がります。

上記のほかにも、サッカーやゴルフはすね毛を脱毛、格闘家はダメージを受けやすい部位(すねや腕など)のダメージを減らすために脱毛、といったように、さまざまなスポーツ選手がタイムを速くするため・抵抗を減らすために脱毛を取り入れているのは「そのスポーツで良く動かす(使う)部位」だといえそうです。

アスリートにおすすめの脱毛サロン(メンズ編)

スポーツ脱毛を検討しているアスリートにおすすめできるサロンの条件は、第一に継続して通いやすい料金設定であること。そして、安心できる施術・サービスがうけられることでしょう。さらに、スポーツマンであれば、メンズ専用脱毛サロンであることが意外に重要。男性に特化して最適化されたサロンであれば、高いコストパフォーマンスが期待できるからです。

ここでは、そんなアスリートにおすすめできる条件を兼ね備えたメンズ脱毛専門サロンとして、業界のパイオニア・RINX(リンクス)を紹介します。

メンズ脱毛専門サロン・RINX(リンクス)の特徴

東京や関西、中部エリアなどの主要都市や主要駅前をはじめ、全国に展開する脱毛サロンです。メンズ脱毛専門サロンのパイオニアとして、満足度の高いサービスとコストパフォーマンスを追求しています。

メンズ脱毛専門サロン・RINX(リンクス)の公式サイト画像

【メンズ脱毛専門サロン】
RINX(リンクス)の公式サイトを見る

通えば実感するコストパフォーマンスの高さ!

脱毛といえば高額なイメージですが、「メンズ脱毛をもっと身近に」というコンセプトを持つRINX(リンクス)は、とてもリーズナブル。例えば全身脱毛の場合、1回目あたり147,100円ですが、9回目以降は無制限で80%オフ。つまり、何回受けても1回あたり41,180円で全身脱毛が受けられるのです。

通えば通うほど、コストパフォーマンスの高さを実感できるシステムですね。毛深くてコース満了までにすべての脱毛が終えられるか心配という方でも、金額面の不安を解消して脱毛を受けることができるでしょう。

国産メーカーと共同開発したオリジナル脱毛機を使用

RINX(リンクス)では、国産メーカーと共同開発した、自社オリジナルのメンズ専用脱毛器「INNOVATION®」を使用。男性の太くて濃い毛に特化させることによって、ムダ毛に対するアプローチを最大化。男性特有の剛毛ヒゲなど、幅広い種類のヒゲ脱毛が可能となりました。

さらに、脱毛器の照射部分にサファイアクリスタルを取り入れたことで、従来の脱毛器に比べて安全性もアップ。熱を対象部位の毛へ確実に充てながらも皮膚への負担は減り、安全性が保たれています。脱毛技能士が入念に肌や毛の状態をチェックし情報を「INNOVATION®」にインプットするので、お客さん一人ひとりの毛質や肌質に合わせた脱毛が可能となりました。

施術製品にも強いこだわり

RINX(リンクス)は、サービスや施術製品にも強いこだわりがあります。脱毛を行う際は、安全な施術を追求してつくられたRINXオリジナルの脱毛施術ジェルを使用。海洋深層水やマリンコラーゲン、アロエベラエキス、甘草エキス、ヤシ油由来グリセリン、ヒアルロン酸など、6つの美容成分が配合されており、細胞の活性化や、シワ・たるみの予防などの効能があります。

また、施術後に使用するジェルは、ラフィノースやヒアルロン酸Na、アロエベラ液汁、オタネニンジンエキス、カワラヨモギエキス、グリチルリチン酸K2、セイヨウハッカ葉エキス、チャ葉エキス、ユーカリ葉エキス、ラベンダー花エキスなど、10種類の美容エキスと成分が配合されており、鎮静効果と保湿効果を高めるといった効果を期待できます。

主な脱毛プラン

顔・首
眉・おでこ 12,600円(5回保証) 両ほほ 16,800円(5回保証)
両もみあげ 16,800円(5回保証) 鼻下 16,800円(5回保証)
口下 12,600円(5回保証) あご 16,800円(5回保証)
あご下・首 21,000円(5回保証) うなじ 18,900円(4回保証)
両肩 26,000円(4回保証) 両わき 26,000円(4回保証)
両ひじ上 38,000円(4回保証) 両ひじ下 38,000円(4回保証)
両手の甲 15,200円(4回保証) 両手の指 10,500円(4回保証)
胸全体 42,000円(4回保証) 乳輪まわり 26,000円(4回保証)
腹部全体 42,000円(4回保証) へそまわり 26,000円(4回保証)
背中 31,500円(4回保証) 胴全体 -
両ひざ上
(太もも)
46,000円(4回保証) 両ひざ下
(すね)
46,000円(4回保証)
両足の指 10,500円(4回保証) 両足の甲 15,200円(4回保証)
デリケートゾーン
Vライン
(太ももの付け根~骨盤)
46,000円(4回保証) Iライン
(玉・竿)
46,000円(4回保証)
Oライン
(肛門まわり)
46,000円(4回保証) デリケート
ゾーン全体
-
全身・半身
全身 437,300円(4回保証) -
半身 198,000円(4回保証) -

【メンズ脱毛専門サロン】
RINX(リンクス)の公式サイトを見る

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!