運動神経を鍛える

 運動神経を鍛える方法「コーディネーショントレーニング」について紹介。コーディネーション能力の種類や、具体的なトレーニング方法を解説しています。

コーディネーション能力をアップさせる!

運動神経を鍛えるには、自分の体の動きを理解することが大事です。体の動きを理解して、体の部位を効率よく動かすことを「コーディネーション能力」と呼びます。

より具体的には、目や耳などの五感でとらえた情報を脳で処理し、神経を使って筋肉を動かすという、一連の運動プロセスを瞬時に行うための能力のこと。この能力をアップさせることが、運動神経の強化に必要なのです。

コーディネーション能力の種類

コーディネーション能力には、7種類があるとされています。それぞれについて簡単に説明します。

リズム能力 

動きをまねしたり、動くタイミングを上手につかむ能力。イメージを表現する能力でもあります。

バランス能力

不安定な体勢でも姿勢を正しく保ったり、崩れた姿勢を立て直したりする能力です。

変換能力

まわりの状況に合わせて、素早く動きを切り替える能力を言います。

反応能力

刺激に対して、素早く正確さも求められます。対応する能力です。

連結能力

関節や筋肉の動きをタイミングよく同調させ、スムーズに体を動かす能力です。

定位能力

相手やボールと自分の位置を正確に把握する力です。

識別能力

手や足、用具などを精密に操作する能力です。

コーディネーション能力を高めるためには、複数の動作を行うスポーツを取り入れると良いでしょう。しかし、リズム能力やバランス能力など、全ての能力を1度で鍛えられるスポーツありません。

コーディネーション能力をアップさせる際には、さまざまなスポーツを取り入れたり、積極的にコーディネーショントレーニングを取り入れたりすることが重要です。

コーディネーショントレーニング方法

コーディネーション能力を鍛えるための、具体的なトレーニング方法を紹介します。

バランス能力を鍛えるトレーニング

バランス能力を高めるためには、不安定な体勢を維持したり、その姿勢のまま別の動作を行ったりすると良いでしょう。

  • 片足立ちで10秒間キープ
  • 片足立ちしながら垂直ジャンプ

反応能力を鍛えるトレーニング

反応能力は、目や耳でとらえたことを合図に、素早く反応することで鍛えられます。

  •  後ろからボールを投げてもらい視野に入ったら素早く追いかける
  • トレーナーの掛け声や指さす方向に素早く動く

定位能力を鍛えるトレーニング

定位能力は、物と自分との位置関係を瞬時に把握する能力です。トレーニングでも物を使って練習しましょう。

  • 高いハードルの上を飛び超えたり、下をくぐったりを交互に繰り返す
  • 前後左右に飛んでくる山なりのボールをキャッチ

識別能力を鍛えるトレーニング

識別能力を鍛えるためには、野球やテニスなどのように道具を使って行うスポーツがおすすめです。また、体を上手に操ることでエネルギーを無駄にせず、効率良く運動することができます。

  • 道具を使うスポーツを行う
  • 障害物コースを作って繰り返しチャレンジする

 

コーディネーショントレーニングの注意点

コーディネーショントレーニングを行なう上で重視すべきポイントは「変化」です。器具の高さや幅を変えるとより効果的。

さらに、「短時間集中」も大切です。コーディネーショントレーニングは神経系を刺激しているので、あまり神経が疲労し過ぎないように短い時間で終えることを心がけましょう。

また、利き腕・足だけに偏らないように注意しましょう。左右のバランス良く体を鍛えることも運動神経のアップには必要です。

 
プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!