反射神経

このページでは、運動能力を司る神経のうち「反射神経」を取り上げ、動体視力との関係性についてまとめてみました。

「反射神経」という神経は存在しない!?

実は、反射神経という名称の神経は存在しません。

存在するのは感覚神経と運動神経で、感覚神経が受容した刺激を脳が判断し、そこから筋肉に対して運動神経を経由して指令が送られることで私たちの身体は動く仕組みになっています。

しかし稀に、脳の判断・指令を待たずに、感覚神経で受容した刺激がダイレクトに運動神経へと伝達され、身体が動くことがあります。

たとえば熱いやかんに触ってしまったときに、瞬間的に手を引っ込める動作などがその一例ですが、こうした動作・現象のことを「反射」と呼びます。

このように、本来の「反射」というのは言わば無意識の動作のことなのですが、私たちが普段使っている「反射神経」という言葉はそうではなく、あくまでも意識して行う動作のこと。

「認識→判断→動作」という流れのうち、認識から判断までに要する時間が短いため、あたかも無意識の動作であるかのようにスピーディーであることから、「反射神経」と呼ばれているのです。

それでは、反射神経が良いと言われている人たちはなぜ、認識から判断までを短い時間の中で、かつ正確に行うことができるのでしょうか?

その秘密こそが、実は「動体視力」にあるのです。

野球のバッティングを例に解説!

野球 画像 動体視力に優れたバッターというのは、ピッチャーが投げたボールを、通常のバッターよりも数メートル先のところで認識することができると言われています。

つまり、そのぶんボールが手元に届くまでに時間の余裕があるわけですから、正しい判断に基づき的確な動作(バッティング)を行うことができます。

「反射神経を鍛える」というと、体の反応速度を高めるトレーニングをイメージしがちですが、そうではなく、動体視力を高めることによって素早く正しく認識・判断できるようにすることこそが、実は重要なのです。

<<反射神経を鍛えるには?>>

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!