動体視力を鍛える方法を徹底比較

動体視力向上Labo. » 動体視力を鍛える方法を徹底比較

ここでは、動体視力を鍛える方法について調査し、それぞれの特徴をまとめています。

動体視力トレーニング方法比較表

動体視力を向上させる方法としては、ビジョントレーニング・トレーニング専用機器・トレーニングソフト・ゲーム・アプリなどがあります。

そこで違いをわかりやすくするために、即効性・持続性・手軽さ・コストを比較ポイントとして一覧表にまとめてみました。

ビジョントレーニング

即効性 継続的に行うことで視覚向上が期待できるが、始めてからすぐに効果を実感するものではない。
持続性 時間をかけてトレーニングを行えば、ある程度の持続性がある。
本を読むスピードが速くなる、字が綺麗になる、集中力が高まるといった効果がある。
手軽さ トレーニング方法がまだ確立されていないので、不明な点も多い。
指でできる簡単なトレーニングもあるが、本格的に行おうとすると大掛かりになる。
コスト 日常生活の中でできるトレーニングは無料。大規模な設備を用いたものは高額になる。

トレーニング専用機器

即効性 ストロボ効果により、速いスピードのものをゆっくり感じることができる。
短い時間でもすぐに効果を実感することができる。
持続性 着用しながら練習をすることで動体視力が向上し、外した後も効果が持続する。
スポーツなどの練習とトレーニングがセットなので、実戦に向いていて効果を感じやすい。
手軽さ 携帯性に優れ、屋外でも使用できる。
大規模な設備も必要なく、トレーニング機器(メガネ)だけですぐにトレーニングが開始できる。
コスト 高額とまではいかないが、購入するのに3~4万円が必要。

トレーニングソフト

即効性 一定の期間継続してトレーニングを行わないと効果は実感できない。
持続性 トレーニングを継続することで、動体視力向上の効果も定着する。
スポーツなどの実戦でどれほど効果があるかわかりにくい。
手軽さ ゲーム感覚でできて大規模な設備は必要としない。
ゲーム機やパソコンが必要なので、基本的にはトレーニングは屋内で行うことになる。
コスト ソフトだけなら数千円で済むが、ゲーム機やパソコンの機器代金も含めると2~8万円程度が必要。

その他(ゲーム・アプリなど)

即効性 ゲームとして楽しめて動体視力チェックにはなるが、即効性はそれほど期待できない。
持続性 動体視力トレーニングの導入段階に使用するのはよいが、簡単なものが多いので効果の持続性はあまり高いとは言えない。
手軽さ スマホなどのアプリはダウンロードするだけなので、すぐに始められる。
大規模な設備は必要なく、好きな時にプレイできる。
コスト 無料で使えるものがほとんどなので、費用はかからない。

動体視力を鍛えるならトレーニング専用機器がオススメ!

ビジョナップ画像いくつかの動体視力トレーニング方法を比較してみましたが、総合評価としてはトレーニング専用機器を使用するのが一番オススメという結果になりました。

トレーニング専用機器にも種類があるのですが、現在、最も手に入れやすく且つすぐに使用できる代表的なものとして、動体視力トレーニング用メガネ「ビジョナップ」があります。

他のトレーニング方法と比べると、このメガネには以下のような特徴があります。

実戦向きでトレーニングの効果を実感しやすい

ビジョナップは、メガネを装着したままスポーツなどの練習ができるため、ダイレクトに動体視力トレーニングにつながることから、効果が実感しやすいという特徴があります。

他の方法ではトレーニングと実戦に分かれていて、動体視力のトレーニングを継続することで徐々に効果を感じることができるというものがほとんどです。

その点、ビジョナップの場合は通常のスポーツの練習の中にトレーニングを組み込むことができるので、より実戦に近いかたちですぐに効果の有無がわかります。

大規模設備が無くてもストロボ効果を体感できる

ビジョナップは、動体視力を向上させるストロボ効果を、メガネを着用するだけで体感することができます。

従来、ストロボ効果は大規模なストロボ装置を用意しないとできませんでした。これには何十万もかかり、しかも暗くした室内でしか使用できないというデメリットがありました。

ストロボ装置と同じ効果を小さなメガネだけで再現でき、点滅速度を変えて視覚負荷をかけることで、より効果的に動体視力トレーニングができるようになったことは画期的と言えるでしょう。

携帯性に優れていて屋外でも使用可能

ビジョナップ(旧プライマリー)HP画像ビジョナップは見た目はスポーツグラスにしか見えない形状なので携帯しやすく、屋外で気軽に使えるのも特徴の一つ。

動体視力トレーニング方法には専用ソフトを使ったものが多いですが、ソフトを動作させるためのパソコンやゲーム機がどうしても必要になります。その場合、屋内の決まった場所でトレーニングをしなければなりません。

ビジョナップのような動体視力トレーニング用メガネであれば、場所も選ばず装着するだけですぐにトレーニングを開始できますし、1日15分・週3回でOKなので、手軽さにおいては他の方法と比べて抜群によいと言えます。

動体視力トレーニング用メガネの詳細はこちらリンクボタン

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!