DVA動体視力

このページでは、動体視力の種類のひとつである「DVA動体視力」についてまとめてみました。

DVA動体視力とは何か?

私たちは普段、深く考えることなく「動体視力」という言葉を使っていますが、より厳密に言いますと、動体視力にはいくつかの種類があります。

このページで取り上げる「DVA動体視力」もまた、動体視力の種類のひとつであることをまずはご理解ください。

動体視力というのは文字通り、動いている物を見極める能力のことですが、このうち横方向または上下方向に動く物を見る力のことを「DVA動体視力」と呼びます。

ちなみに「DVA」というのは「Dynamic Visual Acuity」の略です。

プロ野球界のレジェント・王貞治さんに関する逸話に、「時速何百キロものスピードで通過する新幹線の車内に知人が乗っているのがホーム上から確認できた」というものがありますが、これなどはまさに横方向の動きを見極める「DVA動体視力」の良さを物語るエピソードだと言えます。

成功しているスポーツ選手の多くは、さすがに王さんほどではないかもしれませんが、この「DVA動体視力」が良いと言われています。

DVA動体視力の測定方法

サッカー画像さて、そんな「DVA動体視力」ですが、実際にどのように測定するのか?

その測定には、DVA動体視力計という特殊な装置を用います。

特殊な装置を用いるとは言っても、その測定方法は至って単純。

通常の視力検査では静止状態にあるランドルト環(C)の向きを見極めますが、DVA動体視力の測定では高速移動するランドルト環の向きを見極めます。

動いている物を見るときに私たちは、無意識のうちに動きを予測して、予測した地点へと目線を先回りさせます。

この予測が不正確だったり、たとえ正確だったとしても、予測した地点への目線の移動が遅かったりすると、動いている物を正しく認識することができません。

反対に、予測が正確で、かつ予測した地点への目線の移動が速ければ、高速で動く物も正しく認識することができます。これが、「DVA動体視力」が良いという状態なのです。

眼球の周囲には外眼筋という筋肉があり、この筋肉が目線の移動(眼球運動)を司っています。

すなわち、外眼筋を速く正しく動かすことで、動いている物を中心視野で捉えることができる人が、「DVA動体視力」が良い人だとも言えます。

なお、空間をワイドな視点でとらえるサッカーバスケットボール、アイスホッケーやクレー射撃などが「DVA動体視力」が必要とされ、野球・ソフトボールなどは前後方向に動く物を見極める力「KVA動体視力」が必要といわれています。

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!