KVA動体視力

このページでは、動体視力の種類のひとつである「KVA動体視力」についてまとめてみました。

KVA動体視力とは何か?

「KVA動体視力」もまた、「DVA動体視力」と同様に、動体視力の種類のひとつという位置づけになります。

それでは「KVA動体視力」と「DVA動体視力」は何が違うのかと言うと、それは見極める対象物の動きの向きです。

DVA動体視力」は横方向または上下方向に動く物を見極める力でしたが、この「KVA動体視力」は前後方向に動く物を見極める力

ボクシングで言えば、フック(横方向)やアッパー(上下方向)を見極めるのが「DVA動体視力」、ストレート(前後方向)を見極めるのが「KVA動体視力」ということになります。

KVA動体視力が必要なスポーツ

野球画像さて、この「KVA動体視力」が求められるスポーツは、今挙げたボクシングの他にもたくさんありますが、皆さんがもっともイメージしやすいのはやはり野球・ソフトボールでしょう。

「KVA動体視力」が良ければ、ピッチャーの手元から自分の方に向かってくる(=前後方向に動く)ボールもはっきりと見極められるため、そのぶんヒットを量産することができる。

言うなれば「KVA動体視力」というのは、優れた野球選手になるために絶対不可欠な能力なのです。

あえて分類すると、野球のほかにもテニスバドミントン、卓球なども、前後方向の動きを見極める「KVA動体視力」が必要とされるスポーツ。

一方、アイスホッケーやクレー射撃、あるいは空間をワイドな視点でとらえるサッカーやバスケットボールなどは、横方向の動きを見極める「DVA動体視力」が必要とされるスポーツだと言えます。

「KVA動体視力」と「DVA動体視力」を比べたときに、見極める対象物の動きの向き(横方向か前後方向か)以外にも異なる点があります。それは眼球運動の有無です。

「DVA動体視力」においては眼球運動、簡単に言えば目線の移動が伴いますが、「KVA動体視力」にはそれがありません。

その代わり「KVA動体視力」においては、レンズの役目を果たす目の水晶体の厚みを素早く変化させることによって、前後方向に動く物を正確に認識する力が求められます。

プライマリー装着画像

近年の研究によって、スポーツの上達や車の運転など、様々な場面でその必要性が求められている「動体視力」。様々なトレーニング方法がある中で、特にオススメなのが専用メガネを使ったトレーニングです。
メガネで動体視力が上がるの?そんな疑問をお持ちの方は、ぜひ当サイト一押しのアイテムをチェックしてください!